プロフィール
名前:cyongmi
誕生日:6月
性別:女性
職業:主婦
一言:韓国南部、プサンのお隣りに位置するキメ(金海)市在住。
一児(女の子)のエギオンマ(子供のお母さん)でするんるん

2009年11月27日

三日坊主

いきなりですが
チャクシンサミル

漢字ではこう書きます。
作心三日

読んで字のごとく、「心を作って(決めて)三日(しか続かない....)」=三日坊主のことです。

それは私。
よく、これだ!!ひらめきとひらめいて、あるいはポンと膝をたたいて「やるぞ!」なんて一旦は決めるんですけど。

特に一人で密かに決めた場合は、ハッキリ言って「100%そうかもね」(byシブがき隊)・・・じゃなくて、100%失敗します。

私の場合ですね、その最たるものが・・・いわゆるダイエットです。ふらふら

最近(う〜ん1ヶ月ほど前でしょうか?)も、こんなの買ってしまいましたぁ。


PA100007.JPG

ハイ、フラフープです。
結構直径が大きい、内側に出っ張りがあるものです。

買う数日前の、日本語学院のフリートーキングのクラスでのこと。

その日は25歳のアガシ(未婚の女性)と、42歳のバリバリキャリアウーマン(市役所に委託勤務の都市デザイン課、課長さん、韓国初のその分野の博士号を持ってるそう...)のふたりで、なぜかフラフープがいい!!!って話になったんです。

アガシが言うには「テレビを見ながら右側に回すこと20分、左側20分...を続けて、ウエストがほっそりした」と。
即座にデザイン博士も、「そうそう、私もしたことある。確かにほそくなりますよ。効果ありますよ。」なんて言うんです。

私はまた、安易にもそうか!!ひらめきなんて思ったりして。

フラフープは小学生たちがやってるのをよく見かけるし、小学校でもやるようなんですよね。だからか、どこの家庭にも部屋の隅にあるのを見ます。
ちょこっとやらせてもらったりしたら、まあまあやれることはやれるし・・・。

ってことで、いっちょやってみよう!なんて決意したわけです。

近所のディスカウントショップ(こちらではDCマートといいます)を覗いてみたら、ちょうど一個あって値段を聞いたらマノォン(1万ウォン)で、そのまま買うことになってしまいました。
聞いただけなんだけど、「こうやって組み立てたらいいよ」とつなぎ目を一旦はずして説明してくれて、お持ち帰り仕様のを持ってきてくれました。

PA100006_01.JPG

外国のアガシが微笑むぴかぴか(新しい)その箱には、

「大切な人生、回せば健康がみえます」
「ヘルスフープは体を細く作り、身体運動を増加させて大腸運動を活発にし、快便を助け便秘の予防と健康な生活の助けになるいい運動です」
という魅力的な文句が並んでるではありませんか。

さらに「77個の指圧突起」「有酸素運動に適合」とか
「77個の指圧突起が按摩をして、腰を気持ちよくしスマートな体になります」とあります。

きゃあわーい(嬉しい顔) (・・・、毎日続ければぁの話だってば)

さっそくお家で組み立て・・・、やってみます。

グルグル・・・、結構これが場所をとるんですね。
周りの家具とかにぶつけちゃったりして。

グルグル・・・、そいでもって結構痛いんですよね。
そんな、5分も10分も続けてらんない。イタイ・・・。

ってなわけで、作心一日。もうやだ〜(悲しい顔)

確か去年の秋も、人生最重だとか言ってたよな〜とか思いながら・・・。

その時も食べ物の誘惑には勝てずに、しばらくは諦めモードでいて、年が明けて少し頑張って3キロくらい落として、安心してまた食べて・・・みたいなことを繰り返してます。あせあせ(飛び散る汗)

でも、このフラフープの説明を改めて見てみると、いいことずくめじゃんね。またやってみるかな?

そういえば、続けてれば痛いのにも慣れるというか痛くなくなるって言ってた。

・・・果たして?


posted by cyongmi at 08:53| ソウル 🌁| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月21日

通訳ボランティア

アンニョンハセヨ?

私が毎日通勤してる学院(塾)の授業は、平日夕方5時半から8時半までです。
土曜日は、平日来られない生徒さん(一人だけ)のために午後から3時間。
なので日曜を除き、毎日授業があるのです。

でもわーい(嬉しい顔)今日は生徒さん(ルノーサムソン自動車に勤務の金さん)がお休みのため、
ラッキーexclamation授業はなし。
だって、せっかくの土曜日ではないですか〜。

今日は午前中、金海市役所の自願奉仕(チャオンポンサ=ボランティア)センターで「通訳ボランティア」の教育(第一回目)がありました。
10時から始まって、お昼も出て、これまたラッキーexclamation

韓国語でボランティアのことを自願奉仕(チャオンポンサ)というのですが、まさに字の通りですね。ボランティアという言い方は聞いたことがありません。
私はボランティア団体に所属していて、団体は市のボランティア協議会に所属しています。

40いくつあるそれぞれの団体がするボランティアの内容はそれぞれですが、毎月20日にはセンターに集まって「お米の分配運動」をしています。
一人暮らしや低所得の方などのために寄付されたお米を、5キログラムずつに分けて、家族分のキロ数にしてそれぞれが住んでらっしゃる町(村)役場に配達します。

そして新たに、11月通訳のボランティア団が発足して、先月発起式がありました。



日本人と、タイ人・フィリピン人の友達もたくさん参加しました。

もちろん、外国語を話せる韓国人の方も多数いらしたのですが、その中のご年配の男性の方と、私が宣誓をしました・・・。



どんな文句を言ったのかもう忘れましたが(頑張ってやります〜みたいな)、たいした長文でもなかったのに緊張したのを覚えてます。
市長さんの前だったし、カメラもあったし・・・。

PA210028.JPG

今日は二回目の集まりで、団長さんとか総務さんが決められて、各チーム(外国語を教える/文化、観光/企業体に協力)のチーム長も決まり、場所を変えての昼食はいい交流の場になりました。

私は文化・観光のチームに入ったのですが、正直どこまで役に立つのかはわかりません。
いえ、各観光施設には既に専門の通訳さんがいらっしゃるからです。
歴史やその観光施設について勉強した案内の方が。
その方たちもボランティアですが、よく勉強されている専門家です。
(そのうちの一人が、私の生徒さんです...)

企業体にしても、各会社で通訳士がいるかその都度お金を出して準備するのが普通です。

私が思うに、金海市が観光も含めて内外に大きくアピールするための手段ではないかと。
これだけ通訳者をそろえていますよ〜〜!とね。

通訳ボランティアに登録した人たちはもちろん、奉仕の精神で頑張ろうと思ってるわけですから(私もそのひとり)、今から始まるってときに水を差すわけではないですが。

だって実際、通訳って大変ですもの。



続きを読む(私の通訳失敗談)
タグ:通訳
posted by cyongmi at 18:00| ソウル | Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月18日

韓国語能力試験

アンニョンハセヨ?

一週間ぶりのご無沙汰でした。
この間、プサンで悲しい事故がありました。

日本人観光客の方の、ご冥福を心からお祈りいたします.....。



晴れかわいい晴れかわいい晴れかわいい晴れかわいい晴れかわいい晴れかわいい晴れかわいい晴れかわいい




ところで、タイトルの「韓国語能力試験」ですが。
(10/6の“韓国できゅうどん”で、チラッと書きました...)

終わったことの解放感で、ダメだったところの勉強もしないまま時は過ぎ・・・・。
忘れた頃、今月4日にネット上で結果発表がありました。
そして次の日、成績証明書なるものが来ました・・・、

早っ( ̄□ ̄;)!!

PB070032.JPG


まず目に入ったのが、「ハプキョック(合格)」の文字。
その隣りの「5級」の文字を見て、納得。

そして、そのまた隣りの点数を見て・・・。。°(T^T) °。

ちょっと悔しい思いになりました。

・・・どういうことかというと、この韓国語能力試験は、初級が1、2級・中級が3,4級・高級が5,6級となっていて私は高級を受験したんですよね。

そして合格基準というのが、5級は平均点が50点以上で6級は70点超過なんです。

私の平均点を見てみると・・・、
ヽ(;^o^ヽ))) (((/^o^;)/ナントー
68.75点だったのです・・・・。

あと、もうひとつか二つ、当たってたら(?)なぁ〜、なんて思いました。

でもでも、悔しいけどこれが実力。
いえ、実力以上に運(?)で実力以上の点数をもらっちゃっのかもしれません。

ちなみに、リスニングが一番良くて(マシで)次にリーディング。
語彙&グラマーとライティングがダメでした。

要するに「聞けてちょっと話せるけど、書けないし文法解かってません」ってことです。

もう何年も住んでるんだから、聞き取りくらいできなくちゃね。
毎日韓国語のシャワーを浴びてるわけですから。(ただし、慶尚南道の訛りバリバリですが...)

ともあれ、若い子達に混じってよう頑張ったということで・・・





読んでくださった方、ありがとうございます。
失礼しました・・・。m(._.)m

あ、ひとつ付け加えると、この韓国語能力試験の結果は韓国教育課の人材選抜管理本部というところから来ました。

日本でも韓国語の検定試験はいろいろ実施されていると聞きます。
私も、去年帰省した時に「ハングル」能力検定試験の問題集を買ってきたのですが、結局手をつけずじまいでした。

やはり、受けようとする機関の既出問題をするのが良いみたいですね。

興味がある方はご覧くださいね。
韓国語能力試験のサイト(日本語で見られます)

いつかまた、もう一回、6級に挑戦exclamation&questionリベンジexclamation&question
・・・するかは、まだ分からないです。わーい(嬉しい顔)
posted by cyongmi at 15:15| ソウル | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月10日

韓国 de 倉木麻衣ちゃん

アンニョンハセヨ?

毎日忙しくて、あまりゆっくりできないと言いつつ・・・、
テレビは結構見ている私。

でも韓国のドラマは全然見ないので、日本にいる友達の方が韓流スターについてよく知ってます。

ダンナと一緒にテレビを見る時はニュースかドキュメンタリー番組、時事問題を扱うものを見ます。

私一人の時はというと、もっぱらNHK(ワールドプレミアムという海外向けのもので、時々放送権の都合とか何とかで大リーグやオリンピックなどのニュースは見れない場合があります)か、歌番組が好きです。

国民的長寿番組である「歌謡舞台」という、季節やテーマに合わせた歌をいろんな歌手で聴かせるプログラムは、主人と欠かさず見ています。
年齢的にいうとご年配方がお好きそうな番組ですが、本当に上手な歌手が本当にいい歌を聴かせてくれるので見ごたえがあります。

そして、若者向けのカウントダウン番組。
KBS、MBC、SBSの三大放送局がそれぞれやっているし、ケーブルテレビ各局でもいくつかあります。

その中で毎週木曜日放送で、よく再放送されているm-netという局の「M−カウントダウン」という番組は、家事をしながらよく見て(聴いて?!)います。

私、この世代としては、若者の今流行りの歌を結構知ってるので、友達や先輩のお子さん(中学生)からは、「新世代イモ(オンマ=お母さんのお友達の呼称)と言われたりしてます。

(/_ _ )/♪へ(-。-へ)♪(/_ _ )/♪○(^-^)o♪o(^−^)○♪

今日土曜日も、本来は午後から学院の授業があるはずだったのが学生の都合でなくなって、やること済ませてのんびり「M−カウントダウン」を見ていました。

そしたら!!
スペシャルステージということで倉木麻衣ちゃんが登場!!
続きを読む 韓国の歌番組でうたう麻衣ちゃん、動画
posted by cyongmi at 18:11| ソウル | Comment(18) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月19日

二回目の健康診断〜その3

アンニョンハセヨ?

9月も中旬を過ぎましたね。秋もだんだん深まってきました。
こちら韓国では、10月3日の秋夕(チュソク=お盆)に向かって、
カウントダウンが始まったような気がします。

シジャン(市場)やマート(スーパー)では、チュソクソンムル(日本のお中元のような贈り物)セットが売り出されるようになり、チュソクの時に必要な食材がだんだん値上がりしてきているらしいです。

私は安い今のうちに買っておく主義ではなく、直前に準備することにしてます。あ、でも正直今からあまり考えたくない...です。

週末の今日、やはり午後に日本語の授業がありますが先日話題に出した、これでも見て・・・。

夜のヒットスタジオ初登場


私、リアルタイムでこの番組を見て「キャ〜カッコいい!!」と目がハートになり、すぐアルバムを買ったのを覚えてます。

同時にファンになった同じクラスの友達は(私は翔ちゃんの黒コンを履き、友達はギバちゃんの白コンを履いてた)、その後セピアの追っかけになり、東京まで行ったりしたのだと聞きました。

(↑の内容、分かるかな?黒コン=黒のコンバースシューズのことですあせあせ(飛び散る汗)

今はいいおばちゃんになってしまった私たちですが、彼らもいいおじさんになりましたね〜。

そうそう、こんな歳になったから健康診断を受けたのです。

ひっかかってしまった胃については、9月はじめに超音波内視鏡で再検査をしました。

今回は必ず保護者が付き添って、ケチなこと言わずに無条件お薬で眠った状態でする...ということでした。
主人に仕事を休んでもらって、ルンルンるんるん久しぶりのプサンデート気分の私。
初体験の睡眠超音波内視鏡検査だし、前回一人で予約を取りに行ったときは複雑な病院の建物の中(癌センタ−という名)を迷ったけれど、もうよく分かってるし...ということで、何だか楽しんでるフシがありました。

小さいコップで得体の知れないものを飲むように言われ、「???」と思いながら飲みました。後で人に聞いたら「内視鏡を入れた時に見えるのを妨害する泡を消すためのもの」らしいです。

左手の甲に針を刺した状態でしばらく待ちました。
そこは、さすが専門に検査だけをやってるフロアだけあって、次々にお客さん(?)がやって来ます。
看護婦さんが白い液体の説明をしない上に、ただ差し出すだけなのでみんな「??」って顔をして「飲めってことか?」と言いながら飲んでる姿が、なんか面白かったです。

私の名が呼ばれて行くと、「日本に何回か行った事があるけど日本語はまだまだなんです」とか言いながら、やたら私に対して照れていた教授先生がモニターに向かっていて、助手らしき人が手の針に管をつなげて....。

そして、左半身を下にし横になって....。(+.+)(-.-)(_ _) ..zzZZ
その後は覚えてません。気がついたら終わってました。

おお!さすが、睡眠検査。
つらくも何ともなくて、フシギな気分でした。
横のフロアーのソファベッドでしばらく横になって、元の状態に回復(?)させてから、帰宅しました。

検査の前日は一食だけ、しかもお粥だけだったので、検査が終わったらおいしいもの食べるぞ〜〜!と意気込んでいた私でしたが、トホホもうやだ〜(悲しい顔)、20分後に水だけ、2時間後にお粥だけ食べてもいいという指示でした。

せっかくプサンに主人と出てきたのに、「ボンチュク」というお粥専門店で、彼は“牛肉きのこ粥”で私は“ただの白い粥”を注文しました。
(そのお粥の値段差、なんと1000ウォンだけ...なんで?!)

・・・それだけで気が済むはずがなく、夕方からの授業の後、ナポリタンスパゲティを作って食べちゃいました。


そして、1週間後に聞きに行った結果によると・・・
続きを読む
posted by cyongmi at 11:46| ソウル | Comment(11) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月16日

二回目の健康診断〜その2

アンニョンハセヨ?

私の青春・・・第2弾



レベッカもそうだけど、バービーボーイズみたいなバンドもその後いないし、今後出てこないだろうな...と思います。

とにかくカッコいい!ボーカルの二人(コンタさんと、杏子さん)。

ちなみにコンタさん(男性)のような、スッキリ一重瞼のしょうゆ顔が私の好みです。(って、誰も聞きたくない?!)

でもナゼか、ウチのダンナさんは五重瞼です....。

バービーが好きだった頃、いえそのちょっと前頃、安全地帯も好きでした。
楽曲がよかった!それで、玉置さんも好きでしたが・・・。
今はなんというか・・・悲しい。
(ToT)(>_<")。°(T^T) °。(;-;)

一世風靡セピアも好きでしたね〜。



・・・って、(ノ^-^;)ノそれはさておき・・・
浸るのはこれくらいにして、そうそう健康診断の話です。

私も7月に行ってきました。
国民健康保険ので今回が2回目です。

2年前の先回は、子宮頚部が荒れていて治療を受けました。
おっぱいの検査(これが☆ ̄(>。☆)イタイ!)でもひっかかったんですが、良性の繊維何とか...という小さな腫瘍があって、とる手術もしました。(簡単なもので、保険でお金も下りたのでラッキー)

今回は先回しなかった、胃の内視鏡検査をしました。

以前主人がしたのを横で見ていたので、どんなものかは知っていました。

お薬で眠っちゃってる状態でするのだと3万ウォン追加ですが、
私はそのまましました・・・。

苦しかった~~~!(((p(>v<)q)))!!です。いや~、大変でした。

検査結果は2週間後に送られてくるということでした。

又、子宮頚部がよくなっていなくて(治療に通った後、管理がキチンとできていなかったらしい)、お薬を飲んで一週間後にいくことと、追加で子宮の超音波検査もしたのですがそっちもちょっと・・・(たいしたことはなくて、経過を見るとのこと)。

あと、胃の方もなんかちょっと小さいポツンとしたものがあって組織をとって検査。

・・・と、別のポコンとしたものは超音波内視鏡(またぁ?!)で再検査をしなければならないとのことでした。

でも超音波内視鏡の設備がその病院にはなくて、別のプサン大学病院でしないといけなくて・・・。

・・・とまあ、すでに結果がわかったものについてはひっかかったんですが、よかったです。
だって、私は胃の調子はすこぶるよくて、何でもおいしくいただく幸せものなので、到底何かあるとは考えないものですから・・・。
当然何の気遣いもしません。過信しすぎる傾向があります。

それではマズイ。
もし痛くなったりしてからでは遅い場合もある、そのための検査なんですよね〜。

面倒でもやっぱりするべきときにした方がいいですね。

ということで、次回に続く・・・。

(エライ引っ張りよるなぁ。)
posted by cyongmi at 18:19| ソウル ☁| Comment(11) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月11日

二回目の健康診断

アンニョンハセヨ?

いきなりですが、私の青春・・・



レベッカを聴きまくって、NOKKOになりたい!なんて思ってました。 

もひとつ



高校生の頃は、明菜の切抜きを下敷きに挟んでました。

今見ても、二人とも可愛いし非凡ですね。

・・・と、思い出に浸る私はこの二人と同世代です。

そうそう、あの頃とは違って体にも気を使わないといけないお年頃になってきました。

この歳になると、2年に一回、無料で健康診断が受けられます。
(日本でもそうですか?)

今年は確かその通知が来る年・・・と思っていたのに全然来ない!!
以前はちゃんと封書で来たのに、今回は問合せて行く事にしました。

それにしても、最近病院づいてます。

病院といえば、日本もそうですよね・・・。
保健所も結構人が多いはずのここ最近。
続きを読む
posted by cyongmi at 07:47| ソウル | Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月02日

安すぎ!ウェ〜〜!?(なぜ?)その4

アンニョンハセヨ?

早くも9月ですね。

夜の学院(日本の塾みたいのもの、私日本語を教えてます)
帰りの道は、自転車で風を切って走ってると寒いくらいです。

でも、日中はクーラーが必要な、夏と秋が混在してるような陽気ですね。日本もほぼ同じような感じだとか。(首都圏の方、ニュースで見た限り)

こんな日和のなか、相変わらず紫外線は強いそうですから、対策はバッチリしなくてはいけないですよね。

私は、日焼け止めクリームなどはめんどくさくて最近はぬっていません。

日傘もめんどうくさいし、1000ウォンショップで買ったサンバイザーをかぶるくらいかな。

化粧もめんどくさいので、韓国が発祥なのかしらん、あの話題のBBクリームをぬって、上にお粉少しはたくくらいです。

もう毛穴も開きまくってて(マジで)、しっかりカバーしなくちゃいけないんでしょうけど、ケンチャナヨ。
というか、めんどくささが勝ってるんです。

BBクリームは、手でぬるのが面倒だと言う人もいるみたいですが、私はまあその辺は大丈夫で、手についた分は髪を整える時に、ヘアーローションつけて髪の毛で拭いちゃう(?)。

そのBBクリームなんですが、日本の化粧品売り場でも結構するみたいですが、まあピンキリです。

私が使ってるのは、これ。

P8240011.JPG

ご覧の通り、80000ウォン也。

P8240013.JPG

・・・、な訳ないです。もちろん。

サンバイザーから、文房具・化粧品もある、
日本の100円ショップにはかなわないけど、まあ頑張ってる、
上出の1000ウォンショップで、

1500ウォンでした。

安すぎ!!ってか、箱の定価が高すぎ!

そんなの使って大丈夫?と、ご心配の声が聞こえてきそうですが、
これが使いやすくって・・・。

水分がたくさん含まれてて、ぬるときはサラッとぬりやすいのが、
そのうちにあ〜らフシギ、ピタッと密着する感じに変わります。
そんなに厚くなり過ぎず、カバーしてないとは言っても、ある程度できますし。

ってな訳で、満足して使ってます。

最初は3000ウォンで買った覚えがあるんだけど、次は2000ウォンで、この前1500ウォン。
もう在庫処分なのかな。

安かろう悪かろうで、よく失敗する私ですが、これ、後で失敗とかなんないかな〜、と思わなくもないです・・・、が。

「安物買いの銭失い」、日本にいた時から、よくやってました・・・

韓国では「ッサンゲ ビジットク (安いのがおからの餅)」
といいます。

値段からまず見て買う癖、あんま良くないかなとも思うのですが、止められません。私の買い物の基準は、ね・だ・ん です。(断言!by児玉清)

でも、良いモノ・ホントにおいしくて体にいいモノ(韓国で流行のウェルビンという)なんかにも触れないといけにかもしれませんね。
posted by cyongmi at 08:20| ソウル | Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月25日

今日は、結婚記念日

アンニョンハセヨ?

今日は、私たちの14回目の結婚記念日です。

★⌒☆〓 祝 〓☆⌒★

だからって特別に何かをするわけでもないんですが・・・。
やっぱり、無事にこうして14年間やってこられたな〜感謝だな〜としみじみ思ったり、14年間を振り返ってみたりします。

イベント好きな最近の韓国男子と違って、そんなこと夢にも想像できないし、口下手で不器用で私にすぐ怒られるウチのダンナさん。

でも彼なしの私の韓国生活というか、人生は考えられません。
こんな私をよくぞ受け入れてくださって、養ってくださってます。

カムサハムニダ!!

今日帰ってきたら、ちゃんと三つ指ついて言ってみましょう。
ありがと♪(*^・^)/チュッ♪

今日は特別なイベントはなしですが(コーヒーで乾杯くらい?)、実はおとといの日曜日、ピザとチキンのセットをデリバリーして食べました。

韓国ではチキンだけでなくいろいろなメニューの出前があって、特にアパート(日本でいうマンション団地)ではチラシが毎日のように入って何でもペダル(配達)してもらえます。

でも、ウチは住宅街で配達しにくい(番地で探すのタイヘンなのか)しアパートみたいに密集してないので割に合わないのか、有名ピザ屋の配達区域から外れていたりします。

今回は「ピザ国チキン姫(ピザナラチキンコンジュ)」のカカオピザセットなるものを注文しました。

新しいモノ好き(食べ物の新発売とか)の私は前から注目してました。

hot.jpg

これとチキンハンマリ(鶏のから揚げ、一羽分?あるかな)に、オイ(きゅうり)とム(大根)ピクルスとコーラ(500ml)のセットで18900ウォンなり。

ダンナはチキンだけ、私はチキン少しとカカオピザをひとりで・・・。

うん、おいしいかった〜。
たまねぎとチーズも少しトッピングされてますが、栗とアーモンドと砕いたピーナッツ、粉砂糖にチョコソースがメインで、周りはチョコがぐるっと入ってます。

( ̄〜; ̄)ムシャムシャ...と3切れ食べて、3切れ残しました。
これが食事代わりとは、ちょっと・・・ですが、さすがにおなかいっぱいで、翌朝又いただきました。(又さすがにお腹いっぱいで、3時までお腹空かず)

カロリーはめっちゃ高いでしょうが、ピザにチョコなんで私の好きななモノのコラボ、よく考えてくれたもんだ!、なんてね。

ピザもパンも日本に比べたらまだまだですが、昔に比べたらだいぶおいしくなったと思います。

この日は、ふふ(o´▽`)o´▽`)o´▽`)o 3人で、お祝いしました。

彼は私たちがおいしそうに食べるのを、ただ見ていてだけでしたが・・・。

彼とは、もちろん

P8070029.JPG

(職人?!)ドウォンくんで〜〜す。
(また、一日だけお預かりしたんです)

♪♪〜( ̄ー ̄(^^ )ピトッ!・・・・・((# ・・#)だいちゅき

この時だけは歩行器に乗ってもらって、見てるだけ。
それでも、ハッピービームを発しながら、私たちをより幸せにしてくれてたドウォンくんでした。

来年の結婚記念日には、ドウォンくんみたいなアギ(赤ちゃん)がいたらいいなぁ〜〜。

カミサマ!( ̄人 ̄)(^人^) オ・ネ・ガ・イ♪

と、とにかく、今日の日を
「ありがとう!愛してる!!」
posted by cyongmi at 08:36| ソウル ☀| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月19日

憧れのソース焼きそば

アンニョンハセヨ?

私が韓国にお嫁に来た当初は、日本にあってこっち(我が家の近所です。ソウルなどは又別)にはないモノが結構ありました。

外国ですから当然で、言い出したらキリがないですが、ほとんど外観的には生活水準が同じように思えるのに、これってないの?!とビックリしたものという観点で。

一応過去形にしておきます。
今はあるものもあり、ほとんど“差”を感じないですから。

おいしい生クリームケーキがなかったことは、よく覚えてます。
私より少し前に渡韓した先輩は、バタークリームケーキしかなくて悲しかったと言ってましたっけ。

今は生クリームケーキもとってもきれいだったりカワイかったりで、買うとき目移りするほど種類が多いです。

ただ、フルーツといっしょにプチトマトが上にのっかってるのは、今だにしっくりきませんが。

あと、パンティーライナー....。
最近は種類も豊富です。

食べ物中心になってしまいがちですが、今はカレールウもあるしフリカケモも、梅干も買えます。韓国製にしろ日本製にしろ、少しお値段高めではありますが。

だが、しかぁ〜し。
中華麺がないのです。もうやだ〜(悲しい顔)

だから、焼きそばがないのです・・・。
悲しい・・・、作ることさえできないのです。

時々、無性に食べたくなる時があるんです。
あの香り、キャベツと豚バラ肉、紅しょうがに青海苔。

ちくしょうちっ(怒った顔)、食べたいよう!!

まさにこれです。

e0107171_655312.jpg

私のイメージ通りのソース焼きそば。
(写真は、マリリンさんのブログ「日だまり、カフェ」から拝借いたしました。)

でも、どうあがいても作れないから・・・

・・・考えました。

何としても焼きそば、食べるぞ!
続きを読む
posted by cyongmi at 00:37| ソウル ☀| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月21日

永住権をもらいました。

アンニョンハセヨ?

蒸し暑い中、今日は久しぶりにプサンに行ってきました。

プサンは中央洞にある、出入国管理事務所。ビル

プサンの埠頭、船の国際ターミナルのすぐ隣にあって、
外人さんでごったがえしています。

私がここを訪れるのは、3年に一回のビザの更新のときと、
日本に帰省する時に必要な、再入国許可をもらうときです。

再入国許可をもらわずに日本や海外に出てしまうと、
再び韓国に入国する事ができません。
というか、又ビザを取り直すとか手続きが必要になるのです。

飛行機飛行機で出国する場合は空港でももらえますが、
私は最近船船を利用する(プサン、大阪南港間を就航している、パンスタフェリー)ので、こちらの方が便利です。

もう何回もビザの更新で来ていますが、3年に一回といえでもこれが結構面倒なんです。その度にお金が必要だし・・・。
再入国許可にしろ然りです。。

永住権すなわち、
ビザがF−5というのをとればそれらの手続きをしなくてよくなります。無料
今回、永住権をとろうと思った一番の理由がそれですぅ。

でも以前は永住権をとろうとしても、結構その手続きも面倒だと聞いていました。

まあ今度のビザの更新のときにあわせてでいいか・・・と、
思っていてそれが3月の事でした。

3月11日に申請して、待つ事4ヶ月以上。
その申請に際しては、主人も同伴でしかも提出すべき資料も何種類かで、
面倒だと思ったのは確かです。

何でも東南アジアなどの国から、出稼ぎ目的で韓国に来て、
ビザの関係で偽装結婚してる場合もあるとかで、ややこしいのだそうです。

だから書類審査のほかに、先週は実際に職員が家に来ていくつかの調査をしていきました。

実際に夫婦が一緒に住んでるのかとか、収入や暮らしぶりなどを見ていったみたいです。(韓国語の能力も)

日本人の場合、怪しい件はほとんどないということでしたが、あちらもお仕事ですね、大変そうでした。
その職員の方、本来この調査の部署ではないんだけど、案件が多くて手伝う事になったのだそうです。

韓国の永住権を欲しがっている人、多いんですね。

さて、今まで使ってた(?携帯していた...)、外国人登録証は古くなっているし、
最近の写真を持ってきたら1万ウォンの手数料で新しいものにしてくれるということでそうしました。

そして出来上がった、おニューの外国人登録証。
ジャ〜〜ン!!




F-5-B
というのが、永住権のことです。

よくこっちの人に言われるのですが、
結婚したら自動的に国籍が韓国になるのではないのかと・・・。

いーえ、なりまっせん。
国籍を変えるということは帰化するということですが。

最近、韓国で活躍する外人さんのスポーツ選手がプロ・アマを問わず韓国人に帰化したというニュースを時々聞くのですが、それってスゴイな〜〜って思います。

韓国人と結婚して、韓国に骨を埋めるつもりで来ましたけど、
そんな私でも帰化するのはやはりそう簡単ではありませんから。

私にその考えは、今のところありませんね〜〜。

やっぱり私は日本人!!という思いがあるし・・・。当然るんるん
日本人のままでいて、今のところ不自由に思うことは何もないし。

・・・今のところで、将来的にどう考えが変わるかはわかりませんが。

今はこの永住権で充分です。

・・・って、普段は自分が外国人だという意識が全くない私です。わーい(嬉しい顔)

posted by cyongmi at 23:41| ソウル | Comment(9) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月14日

自転車通勤の道

アンニョンハシムニッカ?またまたお久しぶりです。

前回は桜が満開の頃で・・・・

サ鄰090403_1.jpg


つつじが満開の頃も過ぎ・・・

サ鄰090412_4.jpg


今はバラの花が満開の、とーーーーっても気持ちいい最高の季節です。

バラ.bmp

バラ2.bmp


どの花も、ウチの近所で見られます。
桜は保健所、つつじは公園、バラはご近所のお庭から垣根を越えて。
そういえば、菖蒲(あやめ)が咲いてるのも見かけたなー。


お天気のいい日は、ただでさえ気持ちよくて鼻歌が出る学院(日本語の塾)までの道。  
日本語の教材や資料、いまだに電子辞書ではない分厚い紙の辞書などが入った重たいカバンをカゴに入れて、自転車でぶっ飛ばす道。

毎日その道で、季節の花たちを見ることができて・・・、何かシアワセ〜わーい(嬉しい顔)ってにやけてしまいます。

授業の準備をバッチリして、夕食のおかずもしっかり用意して出た日はもっと気分が良かったりします。


ま、「だけど、ココロなんて〜、お天気で変わるものぉるんるん
てなもんで、どしゃ降り雨の日や真冬の向かい風がビュービューふく日なんて、その通勤の道が苦痛だったりしますが・・・。

ところで私の愛車マイチャリンコ(韓国語では、自転車のことをチャジョンゴといいます。似てる?!)、今は2台(代)目です。
韓国に来てしばらくしてから主人に買ってもらい12年も乗っていた1台(代)目は、何ヶ月か前に盗まれちゃいました。家の門の中に置いてあったのに、その日は鍵をかけ忘れたのか・・・。

自転車がない数週間は歩いて通勤してました。
運動不足の私には、それがちょうど良かったのですが、幸か不幸か(もちろん)学院の生徒が新品同様の自転車を、自分は乗らないからと譲ってくれました。

その2代目のマイチャリをこぎながら、「あー、ありがたいな〜〜〜」って毎日思ってます。ホント助かってます。

私が韓国は金海(キメ)市に来てもう13年になりますが、この間本当にどんどん街が整備されてきれいになりました。

特に公園が増え、“伽耶の道”という国立博物館や古墳博物館をを結ぶ道をはじめ、緑がいっぱいの道が整備されたのは嬉しいことです。

今日も、その道をチャリで飛ばしながら思うこと。

授業の準備や夕食の用意がちゃんとできてなくても、嫌なことがあっても、暑くも寒くもなく洗濯日和お掃除日和のこの頃・・・

あー5月exclamation×2このさわやかな季節がずーっと続けばいいのにな。

posted by cyongmi at 20:00| ソウル | Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月07日

天の邪鬼な桜

アンニョンハショッソヨ?

えーっと、これはご存知“アンニョンハセヨ?”の過去形というか、

アンニョンハセヨが「お元気ですか?=こんにちは」とすると、
アンニョンハショッソヨ?「お元気でしたか?=こんにちは」といったとこでしょうか。

韓国語のお正月の挨拶は、
「セへ ポン(ポク)マニパドゥセヨ(福をたくさん受けて下さい)」なんですが、お正月をしばらく過ぎたら
「セへ ポン マニパドゥショッソヨ?(福をたくさん受けられましたか?)」と言う場合があります。

そのせいか、ウチの学院(日本語の塾)の生徒さん(社会人)が、「あけましておめでとうございました!」と張り切って言ってました。変ですよね、違和感ありますよね。

・・・私は、なんだかよく解からなくなってきています。
日本語勉強しなくちゃ!!って、最近思います。

・・・こんなんで、日本語教えてます・・・。




それより、またまた本当にご無沙汰しておりました。
しばらく(って長っ!)冬眠してました。
(-_-).。oOO グゥグゥ・。・。・。 (゜゜; ハッ!
・・・・\(>◇<)/ ファァァ

その間にもコメントいただいていましたのに、お返事も書かずで失礼しました。m(_ _)m ゴメンナサイ

前回は真冬でしたのに、今は春真っ盛りですね!!!

サ鄰090403_1.jpg

この桜は、近所の保健所の敷地内のもので、4月3日に撮りました。

ところで、ウチの学院のすぐ前に桜並木があるのですが・・・。
3月半ば過ぎに、1本だけ満開になりました。

(写真は、クリックすると大きなサイズで見られます・・・)

アパート201棟の横の木だけ
サ鄰090316_3.jpg

サ鄰090316_4.jpg

サ鄰090316_5.jpg

サ鄰090316_6.jpg

他の木はまだ全然咲く気配もないでしょう?!ちょっと解かりづらいですが。
とてもフシギでした。

そして、3月の末。案の定・・・・

サ鄰090330_2.jpg

アパート201棟の横・・・
サ鄰090330_3.jpg

サ鄰090331_1.jpg

サ鄰090331_2.jpg


他の木たちが満開になった時には、この子だけすっかり葉桜になってしまっていました。


ひとりだけ(?)張り切って2週間も早く満開になって、なんだか威張っているように見えた1本の桜。

みんなが満開に咲き誇っている間は、ひとり寂しく見えてしまいました。

もう・・・、天の邪鬼なんだから・・・。

そして今は、その仲間達も花びらを落とし始めて、枝の間に緑が多くなってきています。

もうしばらくすると、みんな葉桜になっておんなし姿になるんだね。


1本だけ満開の頃、私がとても不思議に思って興奮気味に周りの人に話しても、「まぁ、早く咲く種類なんだろうよ」ってな感じであまり反応がなかったんです。
道行く人たちも、別段何も思わない様子でただ通り過ぎていくし、何も気がつかないような・・・。

ちょっと悔しいというか、何でみんなはフシギに感じないのかな?と、その事も不思議に思ってました。

だって、全く同じ桜の木(に見える)なんですよ〜。

でも、そのことを日本語学院でフリートーキングの時に話したら、イさんという女性が「私も、ずっと(毎年)不思議だなっと思ってたんです」とのことでした。

そして、「自分と同じことを考えるひとがいた!!」と喜んでました。私も、なんだか嬉しかったです。イエイ〜♪ (★^▽^)V

ここのところしばらくは、桜吹雪の下を自転車こいで学院に通ってます。

し・あ・わ・せ・・・ですね。

ありがとう!






posted by cyongmi at 02:01| ソウル 🌁| Comment(12) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月03日

セへ ポン マーニ パドゥセヨ!!

セへ ポン マーニ パドゥセヨ!!

おっと、この言葉の意味は

「新しい年、福をたくさん受けてください」でしたよね〜。同じタイトル、去年の元日の記事
 
この言葉は年末にも、年が明けてからも使えて便利です。
(福=ポク なのですが、ポンと言った方がいい発音です。)


またまた長らくご無沙汰しておりました・・・・。
改めて

あけまして おめでとうございます!!!!

お正月三が日、皆様ごゆるりと過ごされましたか?

こちら韓国では、ご存知のように旧暦でお正月をお祝いします。

今年は1日26日が旧暦のお正月(ソルラル)で、その前後を含めて3日間連休です。

1月1日は新正(シンジョン)といって祝日ではありますが、休みはその日だけなんです・・・。
官公庁や銀行も、もちろん暦通りなので年末年始もやってます。

会社にもよりますが、ウチのダンナさんは2日からフツーに残業なんかもして(この不景気に有り難いことではありますが)、年末年始って気がしません。

韓国に来てもう10年以上になるのに、いまだこれは私にとってはおもしろくなく、NHKのお正月特番を見ながら(もち年末は紅白)ひとり正月しています(気分だけ)。

あ、いえ韓国でも全く新年を意識していないわけではありません。

テレビの番組でも新年スペシャルみたいなのもやってるし、年末は各テレビ局が競って「○○大賞」(演技者や歌手に送る)というド派手な受賞番組が放送されていました。

ソウルではカウントダウンや様々なイベントもあったようですが、
(「行く年来る年inソウル」韓国旅行コネストさんの記事)

ウチの周りでは、フツーの日々です。

あっexclamation×2、でもありました。お正月らしいもの・・・。

トックク(トック=餅の、クック=汁)

韓国版のお雑煮!、食べました。

ini4091_1.jpg

みなさんもいかがですか?



続きを読む
posted by cyongmi at 19:48| ソウル | Comment(20) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月12日

のど自慢に出た〜!!〜その後〜

アンニョンハセヨ?ドモ \(^_^ ) ( ^_^)/ ドモ


こちら韓国南部も、秋本番を迎えました。
でも天気がいい日の昼間はまだ暑く、夕方以降との気温差があって、そのため風邪をひく人も多いようです。

日本も同じような気候でしょうか?風邪にはお気をつけくださいね。

さて、半袖でも暑いと感じる昨日の午後、私は近所に住むシオモ二(夫の母)の家に急ぎました。

肺がんで亡くなった、シアボジ(夫の父)のチェーサ(法事)の準備ためですが、その前にお義母さんと一緒にテレビを見ようと思って・・・。

先週末にあった「中小企業 前進博覧会」のレポートの後、のど自慢放送のはじまりはじまりー。

ハハハ・・・、なんと言うか・・・。☆⌒(>。≪)イタイ

人は時に、現実をキチンと見つめないといけませんねー。

何のことかというと、歌った自分の姿を見ながら思ったのですが、鏡で普段見るそれとは違う、客観的に見た“現実”の我と我が身の姿のことです。

いや〜、見ながら何度かつぶやき、叫んでしまいました...。

ドォエジ(テジ=ブタ)〜〜〜〜〜!!

でもまぁね、ある程度分かってることでもありましたし、外見のことを言い出したら、その目その口どうなのよ!ヽ(´〜`;)ウーン
ということにもなるし・・・。

しかしフシギなものです。
一緒に参加した友達や、他の皆さんは私の目で見たそのままの姿なのに、自分自身はどうして違って見えるのか(・_・?) ハテ?

そう言えば、自分の声を録音して聞いてみると「なんじゃこりゃ?!」となりますよね。誰もが経験済みかもー。

ウチにはハンディカムがないし、こうして動く自分の姿を見ることができたのはよい機会でした、ハイ。

・・・で、何とかしようと思ってるのかーというと、
サア・・・( ̄ー ̄∂) ポリポリ
ワカリマセン ( ̄ー ̄;∂ポリポリ

人生最重とか言いながら、9月はじめからダイエットとか言いながらら・・・・ですよ。

「韓国来てから、ンキロも太りましたからねー」と言う私にお義母さんは、
「トゥントゥンハンゲ、ポギチョッタ(太ってる方が見た目よい)」なんて、おっしゃってくださります。

そして、テレビを見ているときも夜のチェーサのときもやっぱり、これ食べろあれ食べろと、かいがいしくなにかしら出してくれるんです。

もう、お義母さんったら〜。
アリガトシュリケン! ( ^o^)/---=≡卍)´o゜;) サクッ

・・・いえ、「チェーソンハムニダ(申し訳ありませーん)」
「カムサハムニダ、サランへヨー(ありがとう!愛してる!!)」


「ひで〜、ブタだなんだ」と言いつつも、あと何回かある再放送を、又見ようと思ってるチョンミでした。

いえ、ダンナがまだ見てないものですから・・・ね。
あと、自分の姿しか見なかったので、バックダンサーの人とか、他のものも見ようと思います。
posted by cyongmi at 08:52| ソウル | Comment(12) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月07日

のど自慢に出たー!!〜その2〜

韓国では、のど自慢のことを「ノレチャラン=歌自慢」といいます。

「自慢する」と同じ漢字語の「チャランハダ」という言葉があるのですが、自慢心という意味が強く、あまりよい言葉とはいえないので、他には「味自慢」とか「自慢の料理」という風には使いません。

なので歌が上手な人のことを「自慢ののど」の持ち主という言い方もしません。

だが、しかぁ〜し

韓国の人は自慢話をふつーにします

勉強ができる、頭が良い、全校で1番の成績だとか
○×(有名)大学に合格した、通ってるだとかー。
顔や容姿が整っている、背が高い、etc.....

可愛い我が子のことから、配偶者、そして自分のことまで。

いえ、決して自慢してるという意識はないと思います。
ただ、ありのままに事実を言っているだけで、要するに謙遜という観念が日本人よりないのかもしれません。

心の中では自慢したくてたまらないのに、ホンネとタテマエがあって言わないよりいいのかもしれないし、かわいいものともいえますね。

ただ事実ならいいのですが、たまに勘違いしてる場合・・・、
例えばカップルでお互いのことを俳優の誰々に似ていてどうのこうの、なんて人目をはばからず言い出す「ッタクサル(鳥肌)カップル」なんかは、ムシ!しちゃいます。


ところで、私ののど自慢の話ですがー、
そういう意味では私も韓国人になってきたなと思います。

訊かれてもないのに、自分から言ってますし、記事にしてますし・・・。

私の日記ということで、まぁ多めに見てやってくださいませね。



♪o(^0^o)♪o(^-^)o♪(o^0^)o♪♪〜θ(^0^ )( ^0^)θ~♪

さあ、辺りも暗くなってきて、プログラムの空いた時間を任せられていたMCの人から、番組のMCに変わりました。

いよいよ、HELLOテレビ「ッシンッシン(ひゅうひゅう)歌謡特急」企業人のど自慢のはじまりはじまり〜です。

企業人...、そう今まさに「中小企業博覧会」の真っ最中で、いろんなブースで企業の紹介がされていて、出場者のほとんどはその企業の方たちで、なんで私達がいるのか??わからない状況でした。
ま、専業主婦と日本語講師ということでよかったみたいです。

・・・舞台装置に設置されてた花火が上がって、ダンスチームが流行歌に合わせて踊り、雰囲気が盛り上がってきましたぁ。

さっそくトップバッターの方の紹介。アジョッシ(おじさん)で、なかなかうまい方でした。
なんと、バックダンサーが各参加者ごとに踊るようです。

2番目が友達のニラモルちゃん。タイ人で一児のオンマー(ママ)、おなかの中には二人目を身ごもっています。
ちょっと難しいバラード曲に挑戦です。バックダンサーは白いドレスの妖精がコンセプトかなと思われる女性でした。

3番目もアジョッシで、なんかヘンな踊りを踊ってました。
そうなんです。ただ歌えばいいだけでなく、歌のあといろんなフリがあって、それに関しては何の打ち合わせもなく、質問に応え踊ったり何かモノマネとか特技があるとそれを即席で披露しなきゃならんのです。

私もたぶんそんなことだろうと、長年の経験から(?!)予想はしてましたけど・・・。何か特別あればよかったんですけどねー。

4番目、私の番です。
歌ったのは「タンシネウィミ=あなたの意味」というトゥロトゥ(演歌)曲。

〜あなた、愛するあなた。ふたりといない私のあなた。
あなたがいないこの世の中は、何の意味もありません。
行かないで、行かないで、私をおいて行かないで。
あなたのために着たエプロンを、涙で濡らさないで。〜

こんな歌詞です。

とても歌いやすく、誰もが知っていて、私の音域にも合っている歌です。

花笠音頭を踊った時には、皆で相談してメガネをはずしていましたが、今回はメガネをかけたままでした。
客席の様子が良く見えたのですが、全然緊張しなくて、我知らず(?)何となくのフリもつけて歌ったりなんかして。

そしてイヤだった、MCとのやりとり。
「日本語講師なんかやってたら、ひとつ特技でもあるものでしょう。曲に合わせて踊りなんかどうですか?」

ときたもんだから、「曲なしで勝手にやります」と言って、恥ずかしながら、若い子がやったらかわいいだろう“OKチュム”(踊り)なるものを、あーぁやってしまいました。

今から思うとよくやったなー。ほんの一瞬なんですけど。
アレは、恥ずかしい・・・。
自分で消化しきれてなくて、かといってお笑いをとるものでもなく。

でもさすがMC、その後OKチュムに触れた後は話題を変えて
「韓国の食べ物の中で、一番好きなものは?」ときました。

「ター、チョワヨ(全部好きです)」
「その中でも特に、これというのは?」
「ビビンパ」

その会話中、私が言ったひと言が・・・。

ビビンパを混ぜる過程、大きなボールというか器のことをタライと言ったんです。よく、洗面器くらいのアルミの容器に混ぜ混ぜするものですから。

「タライ?!チョンミさんのお家では、タライでビビンパ食べるの?」

客席ギャハハと笑いをとることになったんで、ま、よしとしましょー。
(#^.^#) エヘッ

シャボン玉の演出や、バックダンサーがどんな踊りだったのかも自分ではわかりませんでした。

9番目は我らが仁くん(もう23ヶ月)オンマー。

日本舞踊を得意としてる彼女。やっぱりトゥロトゥ曲を歌い、MCのワケわからんなんちゃって日本語の歌で、日舞を踊らされました。仁くんも、テレビ画面(自分では見えない、後ろの大スクリーン)いっぱいに映ってよかったねー。

仁くんオンマーが歌い終わると、私もホッとして気が楽になりました。

招待歌手の歌の後、審査委員長の総評があって結果発表!

出場者全員がもう一度舞台に上がり

人気賞の発表!
あの、MCに止められたいやらしい踊りを踊った3番目のアジョッシ、結局人気賞なんだー。

そして、銅賞、銀賞ときて・・・。
続きを読む
posted by cyongmi at 13:36| ソウル ☀| Comment(13) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月04日

のど自慢に出たー!!〜その1〜

いきなりですが、歌いましたるんるん

ちょうど1週間前に“花笠音頭”を踊った、あの野外特設舞台でー。

♪o(^0^o)♪o(^-^)o♪(o^0^)o♪♪〜θ(^0^ )( ^0^)θ~♪

私が住んでるプサンのお隣り金海市で、今(10月2日から5日まで) 「中小企業博覧会」が開催されています。

我が家から歩いて十数分に位置する、古墳博物館周辺一体にたくさんのブースが並び、メインの舞台の横にはビニールハウスの頑丈かつ超特大版のような特設ブースがあり、中にはたくさんの中小企業コーナーがあります。(コンパニオンの美人おねえさんの姿も)

4日通して行われる舞台プログラム、「企業サラン(愛)文化大公演」の「企業人のど自慢」で、わたくし歌わせていただきました。

数日前に日本人のオンニ(年上のお友達)から電話で「YMCAから又依頼があってのど自慢があるんだけど歌う?」とのお話。
 
YMCAって?!考えてみるとなんだか知んない・・・
「キリスト教青年会(キリストきょう せいねんかい、Young Men's Christian Association, )は、キリスト教主義に立ち、教育・スポーツ・福祉・文化などの分野の事業を展開する非営利公益団体である。」出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
_φ(°-°=) メモニャン



前回そのオンニが家族と出たときは、気軽な感じで和気あいあいと歌ったとのことで、歌好きな私は二つ返事でお受けしました。

地方都市金海のこと、近所のお年寄りとかが見に来るくらいの、小規模なものと思ってました・・・。


ところが当日、夕方6時から始まるにしては早いなーと思いつつ、3時集合という担当者の方が指示された場所に行ってみると・・・。

テレビの中継車があるではないですかexclamation&question

そして今から、テレビ放送当日、各出演者が歌う前に流す自己紹介用の短いテロップビデオの撮影との事・・・exclamation&question

聞いてないよーって感じでしたが、全部で11人ののど自慢参加者(タイ人と、日本人の友達も)と共に、ススキがきれいにたなびいてる博物館の横の丘で、撮影と相成りました。

その後は、舞台の立ち位置やMCの方とのやり取り、キーの高さがあってるかを確認する簡単なリハーサル。

1時間後に集合ということで、一旦家に帰りました。

私、その時ちょっと、正直なんかめんどくさくなっていました。
風邪気味でのどが痛いし、睡眠不足でしんどいなーなんて思って。

家に帰って、この日10月3日は祝日(開天節という日です)にもかかわらず、出勤残業だというダンナに電話しました。

私「なんか舞台の規模が大きくて、テレビの公開録画らしい・・・。頑張れと言って・・・」

ダンナ「がんばれ(発音悪い日本語で)〜、ファイティン!(ファイト)」

あんまり力強くない応援の声に、でもそれがとてもダンナらしくておかしかったりしたけれど、力をもらって500mlの水を持ち集合場所に行きました。

舞台演出に花火などを用意しているし、照明の関係もあって、暗くなってから始めるとのことで、さらに待つ事30分。

予想もしていなかった、テレビ(といっても、近畿くらいの広さの地方ケーブル局)出演&ひとりでの大舞台・・・。

緊張しつつ、衣装として準備した浴衣に着替えました。
ちょうどこの季節に着るちょうどいい洋服がなかったからなんですが。

あー、のどというか口がやたら渇くわー。


〜その2〜に続く・・・
タグ:のど自慢
posted by cyongmi at 04:14| ソウル 🌁| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月27日

はあ、やっしょーまかしょ!!

いきなりですが、踊りました!!

花笠音頭

それにしても、なんで「やっしょーまかしょ」exclamation&question

なんで「花笠音頭」???

それはー、日本のお祭り、伝統の庶民の民謡、踊りのなかで比較的踊りやすいからですね。

韓国の私が所属してる日本婦人会のほかの地域でも、何かのイベントでは「花笠音頭」を披露してるみたいです。

そういう私も、婦人会の文化部(以前)として代表でお隣のチャンオンという市にいらっしゃる先輩に「花笠音頭」の踊りを習い行ったのが3、4年前で・・・。

金海日本婦人会の皆さんにお教えして(私より上手で、昔日本舞踊をやってたという後輩と)・・・・。

それから事あるごとに、わが町金海(キメ)のフェスティバル(お祭り)や何かの行事に参加させていただき、舞台や市街行進(市内パレード)で踊っています。

地方の有線放送やローカル放送局の取材で(たこ焼き販売の件といっしょに)TV出演したことも。(って、ほんの十数秒ですが・・・)

レパートリーはもうひとつあって、それは「ヨサコイソーラン節」でーす。

金海市では文化行事に特に力を入れていて、公園や国立博物館、古墳博物館(王様と王妃の古墳があります)が新しくできたり、文化祭も多種多様に開催されます。

今回は、9月25日から28日まで開催される第19回「金海 芸術祭」の野外特設舞台です。

結構急な要請だったので、準備期間が短かったのですが、もう何回も踊ってるもので3回の練習で臨みました。

いろいろな芸術関係のブースがでていて、メイン舞台ではまたいろいろな公演が行われる中、私達は26日(昨日)の夜8時から8時半の間の5分間でした。

もう何回目かの舞台といっても、夜は初めてでした。
私は正直嬉しかったです。なぜって、今までは昼の舞台でしかも日差しが強くお客さんが木陰に入ったりであまり多くなかったからです。

せっかく一生懸命練習したのだから、できればたくさんの人たちに見たいただけたらという欲があります。

昨日は、その前までの昼間はまだ夏の陽射し晴れだったのがウソのように、急に寒くなりました。
夜だし寒いし、お客さんたくさんいるかなと思いましたが、おぉー、椅子に座ってる方も立ち見も、思ったよりたくさんいるではないですか。

昼間にはないライトぴかぴか(新しい)を浴びて、緊張する事もなく無事に踊りましたわーい(嬉しい顔)

メンバーは7人。いずれもお子さんにご飯を食べさせて、あるいは会場に連れてきて、仕事帰りのご主人さんたちも合流しました。

私のダンナさん揺れるハートも仕事帰りに駆けつけてくれましたが、残念ながら舞台が終わり浴衣から着替えた後でした。

浴衣でそのままいるのは寒いし、子供やご主人さんの都合でそのまま解散。子守りや、着付け、そして踊ったみなさんご苦労様でしたるんるん

楽しかったよぉexclamation×2

今回なんと、支援金として20万ウォン戴いちゃいました。
これでパァーっと打ち上げ!といきたいところですが、ささやかに何かちょっと食べて(?)、今後の活動費にしたいと思ってます。

続きを読む
タグ:花笠音頭
posted by cyongmi at 11:06| ソウル | Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月03日

日本って国は....。

アンニョンハセヨ?

ようやく秋の気配を感じるこの頃、良い季節になりましたね。わーい(嬉しい顔)
習慣で窓を開けて寝ていたら、明け方寒くて起きちゃったチョンミです。あせあせ(飛び散る汗)
韓国は914日がチュソクという、旧暦のお盆です。国民的大行事を前にちょっとあわただしい雰囲気になってきました。

久しぶりに、故郷大阪に帰って(もう、帰るというより旅行に行くという感じかもしれないけど、ただいまーって帰れる家があることは有難いです。)早一ヶ月が経ちました。

今回、日本語を勉強してる小学生ひとり、中学生ふたり、高校生4人を(男子ふたり、女子5人+もう一人の日本人先生)連れて奈良と大阪をまわってから実家に帰ったのですが、改めて日本の印象を振り返ってみると・・・・。

あ、奈良の案内は素敵なゆりりんこさんとこれまたステキなその仲間達のみなさんにして頂いて、感動の嵐でした。

学生達はいずれも初めての日本旅行でした。
日本初体験が大阪となると、いいとこばっか見てもらいたい思いもありましたが、それだとおのぼりさん旅行でないようにした意味がないしね。

韓国学生たちの大阪の感想

@ 日本はどこもキレイと思っていたが、アメリカ村とかはゴミも多くて、汚いとこもあった。

A 自転車が多い(駐輪所にある量にビックリ)。
  自転車に乗ってるおばちゃん達が又多いー。

B そのおばちゃん達(もとい女性達)の腕カバー(?日焼けよけですか?韓国にはない)をしてる人が多く、逆に暑そう。

C 可愛い子が多い。
  コレは主観的ですが、ひとりの男の子の意見です。彼は、可愛い子を見つけては、一緒に写真を撮っておりました。

D 個性的なカッコの人が多い。ギャルのお姉さんとも写真を撮ってたなー、ネイルもアップで。
  日本では、おしゃれも含めて、奇抜だったりしても他人がとやかく言わないからでしょー、と事前に勉強してるコの感想。当たってる・・・。
韓国では他人でもなんやかんや言ってきます=おせっかいです。

E 小銭(100円玉いくつかで)で食事ができるなんて、フシギー!
  韓国ではアイスクリームひとつが1000ウォン程度なので、お札を持ってないと始まりませんから。

F みなさん、とっても親切!!
  これは、ゆりりんこさんとそのお仲間達の印象が大exclamation×2です。

G 食事が脂っこい...
  日本大好き!な7人なのですが、日本食は味が薄くて甘いというイメージが、結構「ヌッキハダ」(=くどいとか、脂っこい)と言ってました。コレは意外・・・。


日本産韓国人(exclamation&question)の私(在韓歴13年目)の感想

@ 交通費が高すぎる!!
  コレは本当に、誰もが思うと思います。なんせ、韓国では距離に関係なく1000ウォンでどこまでも(?1時間とかザラで)バスに乗れますから。

A 電化製品と日用品(シャンプーとかティッシュ)が安い。
  たくさん買って帰ろうかと思ったくらいです。

B モノが多すぎる...
  コレは、お店の商品の種類だったり、お惣菜やホカ弁や宅配ピザのメニューの豊富さのことだとか、100円ショップのモノたちなど、なくてもいいけどあったら便利なものなど。
  ちょっとクラクラめまいを覚えるほどです。(韓国語で=オジロプタといいますが)

C やっぱり、「すいません」と事あるごとに言う人が多い。
  韓国では、通りすがりに肩が当たったくらいではあやまりませんから。

D 刺青(洋彫りというのですか?)を入れてる人が多い。
  学生のうちの一人の男の子が、刺青を入れたいと言っていて(もっとエスカレートして、やくざになりたいとか言い出すし...あぶない)

E 女性でタバコを吸ってる人が多い。
  韓国では、田舎でおばあちゃんが吸ってるのを見かけることがありますが、街中では女性しかも若い人はまずいません。


こうしてみると、ホントに数え切れないほど違う点がたくさんあって、おもしろかったです。
もちろん金海というプサンの近く、ソウル近郊ではない地方都市の私達の目ということもあるし、同じ国内でも日本であれ韓国であれ地方によって違う点はいくらでもあるでしょうが。

ともあれ、良い印象を持って帰国してくれたみたいで良かったです。手(チョキ)
韓国と似た感じの大阪だったことと、日本に対していいイメージを持ち、日ごろから関心を持って勉強してる学生達だからだと思います。

又日本に行きたいと言ってくれてるし、今度は東京とかと言ってます。でも、交通費が高いし(今回は、船内で2泊のフェリーで安くついたのです)、どうかなぁ。

日本で出会った多くの方達や私の友達や兄弟にも、今度は是非韓国に遊びに来てねと誘いまくりました。

ディープで身近かに感じれる地方都市金海(キメ)を、わたくしチョンミがご案内して差し上げます。るんるん

物価の違いは本当に大きいですが、こちらを参考になさってみてくださいねー。

↓↓↓(クリックでコネストさんの記事にとびます)

ソウル物価ガイド(2008年)

大阪案内と金海案内のガイド業、プランを立てるとこからいろんな手配まで、私が一手に引き受けて・・・・、その方面で仕事してみようかなー。
実家にもしょっちゅう行けるし・・・。
posted by cyongmi at 11:04| ソウル ☀| Comment(12) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月11日

こんにちは!

きゃあ!、お久しぶりでございます。
今日は「アンニョンハセヨ」ではないのです。

なぜかと言うと、今、日本に来ているからわーい(嬉しい顔)

実は、日本語を学んでいる学生7人(+日本人先生)の、大阪案内を買って出まして、8月2日から大阪にいるんでするんるん

私の出身は関空の近くなので、あんまり大阪市内は良く知らないのですが、それでもガンバって事前に調べて、学生たち(小学生ひとり、中学生3人と高校生3人)とキタやミナミと奈良観光を楽しみました(イベント盛りだくさんで・・・、ゆりりんこさんありがとう)。

5日に学生たちを南港から見送った後は、実家の父の要望によりお盆までいることにして、ゆっくりさせてもらってます。

それにしても・・・・。

去年運転免許の更新で帰ってきてはいたものの、やっぱり浦島太郎状態であります。

ネットで日本の状況は大体わかってるものと思っていましたが、やっぱり来てみると大違い。

家族や友達と話すと速攻大阪弁になるし、懐かしい実家の近所は大して何も変わってないような気がしますが、でも私が変わちゃったのかな?と思うこともあったりして。

日本に帰ってきたというより、
「チョンミが、日本に来た〜!」という状態でしょか。(スイマセン、覚えたてで結構好きなんで、使ってしまいました。)

スルッと関西という乗り放題チケットを使うときも、今こうして西日本最大級スポーツ・レジャー広場(なんと近所にあって有難い)のインターネットコーナーでパソコン使ってるときも、久々に銀行や郵便局に行って用事を済ましたときも、いちいち小さな驚きを感じていますあせあせ(飛び散る汗)

そして、何よりも強く感じるのは、
日本は本当に至れり尽くせりということ!

もう、たぶん世界一ですねexclamation×2
この神経の細やかさ、親切さ。

ナニから何まで、全てにおいてそうです。スゴイとしか言いようがないです。

それが日本の住みやすさであり、住みにくさであるかもしれませんが。

韓国に住んで13年目のアジュンマ(おばさん=私のことです)がとるリアクションが、完全韓国人だと言われました。

そう言った高校時代の友達は、韓国ドラマを見まくってる子なので、多分当たってるのでしょう。

う〜ん、嬉しいような何だか複雑な気分ふらふら
その行動はあくまで私であって、ヘンな部分は個性で、それを韓国人だと言われたら、韓国人に失礼だと激しく反論してしまいました。

まぁ、でもそうなんでしょう。
油断するとちょっと接続詞とか、韓国語が出るから・・・。

すぐ溶け込めて馴染んでしまう、大阪の血か韓国に慣れてそうなったか(大阪と韓国、プサンはよく似てるので)、両国どちらでもやってける私はお得。

時期的に今北京オリンピックの真っ最中で、お盆もこちらで過ごせるし、ラッキーかも!ですし、残りの1週間日本でしか食べられないものをいっぱい食べて、ますますブタになって(関西では、デブというよりこういう)帰ります。

自家用車とケータイを自由に使えと貸してくれた弟たちよ、年金暮らしでヘルパーさんの世話になってるのに、こんな娘のためにおこずかいをあげようとするお父ちゃんありがとうハートたち(複数ハート)

そして、3週間近くも家を空けることになったのに、やっぱり嬉しそうに笑ってる韓国で待ってるダンナさん、カムサハムニダ黒ハート揺れるハート


あ、最後に何なのですが、日本のナニが合わないのか冷たいものの食べ過ぎなのか、はたまたクーラーのある暮らしがダメなのか、ずっと下痢気味なのが、なんでか不思議なんですけどたらーっ(汗)

お腹をすぐに空かせて、なるべくたくさんの美味しいものを食べようと、本能でそうさせていいるのか??

ねっからの食いしん坊なのでありえますもうやだ〜(悲しい顔)

次回の更新はたぶん、韓国に帰ってからです。
ご無沙汰しているブロがーさんたち、今からお邪魔いたします。




posted by cyongmi at 16:13| ソウル ☁| Comment(13) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。