プロフィール
名前:cyongmi
誕生日:6月
性別:女性
職業:主婦
一言:韓国南部、プサンのお隣りに位置するキメ(金海)市在住。
一児(女の子)のエギオンマ(子供のお母さん)でするんるん

2009年08月22日

ウェ〜?!その3(韓国のカキ氷)

アンニョンハセヨ?

残暑お見舞い申し上げます。
暦の上では、立秋を過ぎてもう2週間が経つんですね。

こちら韓国南部では、夜は鈴虫の音色が聞こえますが、日中はミンミン蝉の大合唱で蒸し暑い日が続いています。

やっぱり暑いときは、アイスや氷が恋しいですね。雪

近所のスーパーで「アイスクリーム 50%割引!」
ポップを見ると嬉々として、特に新発売のアイスを探して買っては食べている大人気ない(?)チョンミです。

カキ氷もおいしいですよね〜。

こちらでは、氷水の意味で「ピンス」と言い、ポピュラーなのはアズキ(=ッパ=粒あんこ)がトッピングされた「パッピンス」です。

日本のに比べて(と言っても、最近の日本のを食べていないので、昔のを思い出して...)、トッピングがやたら多くて、ボリュームたっぷりです。

夏にぴったりの韓国デザート特集
韓国旅行「コネスト」さんの記事(クリックでとびます)

それはいいんですけど、その食べ方が
ウェ〜〜〜!?(どうして?)と叫びたくなるんです。

注文したら、こんな感じで出てきます。

9cb6b2b4b2e6cd3e8c381130bf307bc7.jpg


日本のと違って、氷をギュッと押し固めていないので、スプーンを入れるとすぐこわれるって感じですか・・・。

普通はというか私は、その色なんかを楽しみながら(?)上からとか端からスプーンですくって、キレイに食べ進めていくんですが。


口に入れる前にこうなって...

こおり.bmp

すぐにこうなります。ムザン...

コオリ.bmp


(一番上のモノとは違います。上のはイメージで、その下2枚は実際に主人が食べようとしてるモノ)

・・・そうなんです、ビビン(混ぜる)パブ(ごはん)ならぬ
ビビン氷にするのです。

来るやいなや、スプーンで混ぜ混ぜしてしまうのです。
トッピングのソフトクリームや、フルーツ、こちらならではのゼリーや小さいお餅までも、全て混ぜ混ぜ。

・・・で、元々押し固めてないもんだから、液体状になってスプーンで“飲む”って感じなんです。

私はこれが気に食わない。だって、勿体ないじゃああ〜りませんか?

で、でも、この食べ方ってウチの主人だけではなくてほぼみんななんです。

上出のコネストさんの記事によると、★韓国式ピンス(かき氷)の正しい食べ方★として、紹介されています。

それに、ボリュームがあるので「一人では食べてはいけない」とあります。

ま、確かに。お腹いっぱいになるというか、2人でひとつ注文してもよかったな、と思いました。

でも、混ぜ混ぜしたのを一緒に食べたくないし、彼は普通のパッピンスで、私は抹茶ピンスにしました。

サ鄰090712_1.jpg

・・・、味はまあまあでしたけど、この抹茶の色がいただけない。

でも全部たいらげて、おまけに彼が残したのまで食べて、涼しくなりました。

彼がナゼ残したのか?
なんでも、こんなお洒落なカフェ(って言っても、チェーン店の出来立てパン屋さん)の高いパッピンスよりも、道端でおばちゃんが1000ウォンくらいで売ってる方がおいしいんだとか。

うん、分かる気がする。
でも、勿体ないじゃんね。残したら・・・。

posted by cyongmi at 00:18| ソウル | Comment(6) | TrackBack(0) | おいしいもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月15日

キムチ、キムチ、キムチ

アンニョンハセヨ?

今日は、韓国では「光復節」です。
(さすがに、“こうふく”と打ち込んでも、この字は出ないですね)

「8.15 光復節とは?」(クリックで、韓国旅行「コネスト」さんの記事にとびます)

今週月曜日に、マイラブ揺れるハートドウォンくん(今日で7ヶ月の赤ちゃん)を別のイモ(お母さんのお友達)に送って、私はしばらく寂しいな〜、と思いながら・・・・。

「ドウォナ〜〜〜!!」(名前を呼び捨てにするとき、こんな風に言います)と、日に何度も叫んでおります。

「ドウォナ〜〜〜!!」





臨時アッパー(パパ)の、ランニングシャツをチュッチュしてます。
(えっと、ちなみにシャワーを終えた直後のキレイなものです...)

ドウォニ(これも呼び捨ての言い方)には、明日会えます。
楽しみ!わーい(嬉しい顔)

そんな風に寂しくても、やっぱり人はお腹がすきますです。

何日か前の、私の昼食。

キムチのオンパレード...って、大げさでした。3種類と、海苔だけのおかずです。



もうこれだけでウキウキ!!嬉しくなります。

ヨルムキムチは、大根の葉です。
サッパリしていて、特に夏においしいです。

カッキムチは、芥子菜(からしな、辛子菜とも書く)のことです。

そして、ご存知ぺチュ(白菜)キムチ
これらはもちろん(?)、自分で漬けた・・・・

ものではありません....。

市販のものをインターネットで買ったのですが、
いや〜〜!今回大成功でした。とってもおいしい!!

ヤンニョム(キムチの具財+漬け込むタレといいましょうか)が、私たちの嗜好にピッタリで、おいしいおいしい!

これだけでご飯がすすみます。
・・・なので、ここにお魚かお肉かナムル(野菜のごま油あえ...かな?)が一品あればオーケー。

キムチがおいしけりゃ、節約にもなるというか私が手を抜けるというか。

私一人の時はキムチだけで充分(海苔もあるけど)。
あ〜、ご飯がおいしい。

・・・てなわけで、愛しの恋人とのラブラブ生活には終止符を打ちましたが(って、大袈裟な!)、相変わらずの食欲でこの体型を維持しております。
タグ:キムチ
posted by cyongmi at 09:10| ソウル 🌁| Comment(6) | TrackBack(0) | おいしいもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月20日

タイの家庭料理

サワディッカー!

皆さんご存知ですよね。
今日は韓国語ではなく、タイ語でこんにちは〜。

この「サワディッカー」も「アンニョンハセヨ」と同じで、
いつでも使えるあいさつの言葉だそうです。

私はどうも、サワデー(トイレの芳香剤^0^θ〜♪トイレにサワデーさわやかサワデー)を思い出してしまうのですが・・・。

日本の皆さんは、昨日の土用の丑の日、うなぎを召し上がりましたか?
カノンさんによると、不況の影響でうなぎの売り上げがグッと落ちたそうですが。

私はそういう精のつくものを食べなくても元気なので有難いのですが、ちょっと落ちてほしいくらいでっす。

昨日もしっかり鶏・・・で、サムゲタンならぬタッチュク(鶏のおかゆ)を、お昼にいただきました。

そうそう、その場にはタイ人のお友達、プリダさんやニラモルちゃんもいました。

プリダさん(プラダみたいで、高級感あふれるお名前。実際はもっと長いけど覚えてません...)は、ウチの近所に住んでる人で私と歳も近く何となく日本人っぽい感覚も持っていたりします。
私と同じようにご主人さんは韓国人で、女の子二人のオンマ(お母さん)です。

近所でもあるし、同じ多文化家庭(韓国人と結婚した、国際家庭のことを最近こういいます。マスコミや公的機関用語?!)なので我が家に来てもらったり、お宅にお邪魔したりしてます。

そのプリダさんのお家で、先月ご馳走になったのがこれ

サ鄰090618_1.jpg

サ鄰090618_2.jpg

タイのカレーです。

ケータイで撮ったので色がイマイチなんですが、鶏肉とナスとタイの何とかという野菜と、タイのスパイスソースと...あと牛乳が入ってます。
なんという料理名かも忘れちゃいましたが、とにかくおいしかったです。お肉はもちろんですが野菜がおいしくて、たくさん食べちゃいました。

最近は、タイの食材も近所で買えるので時々作るそうですが、ご主人さんも子供達も食べてくれないそうです。
それでこの日とばかりに、私たち(日本人何人かを招待してくれて)にご馳走してくれたのです。

もうひとつのメニューは焼き鯵(アジ)だったんですが、焼く時にジューっとタイのお醤油を回しかけていて、香りもよくやはりおいしかったです。

しっかりお腹いっぱい食べて、満足満足。
・・・で、私たちも彼女に来てもらって一緒に食事をしたりもしますが、本格日本料理というわけにもいかず、私は一番無難なやっぱりカレー(これまた韓国でも手に入る日本のカレールーを使って)。

毎日しっかり食べて、暑い夏を乗り越えましょーexclamation×2

私はちょっと減らさねばあせあせ(飛び散る汗)

それでは、 「チョギカー」

(タイ語でさようなら、これがなんと韓国語の「あっち行け」と言う発音と似てるんですよね〜〜〜。)



posted by cyongmi at 10:29| ソウル 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | おいしいもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月16日

雛鶏を丸ごと

アンニョンハセヨ?

チョボッ(初伏=日本の土用の丑と同じような日)当日、
にご馳走になったホントの参鶏湯(サムゲタン)がこれです。

P7140027.JPG

P7140026.JPG


この日誕生日を迎えた、先輩オンニ(お姉さん)がご馳走してくださいました。
そう、韓国ではお祝いされる誕生日の主人公が皆におごるんです。

ささやかなプレゼントを差し上げたものの、



集まった20人近くにおごるとは・・・



オンニ!太っ腹です。


チャ〜〜ル モゴッスムニダ 
(よく食べました=ごちそうさまでした)

posted by cyongmi at 00:31| ソウル ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | おいしいもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月14日

ニワトリを丸ごと

アンニョンハセヨ?

韓国では、今日7月14日は「初伏(チョボッ)」といって、
暑気払いで滋養食を食べる、日本で言うところの「土用丑の日」です。

そう、
参鶏湯(サムゲタン)や補身湯(ポシンタン)を食べる日でーす。

正確には今日はその1日目で、滋養食を食べたらいい日は全部で3日あります。

「伏日(ポンナル)」と呼ばれるその日はそれぞれ・・・

初伏(チョボッ)、中伏(チュンボッ)、末伏(マルボッ)と言い、初伏から末伏までの時期は、一年で最も暑く「三伏(サンボッ)」と言われます。


「伏日(ポンナル)」の詳しい説明はこちらをクリック!
韓国旅行コネストさんの記事をご覧くださいね。


でも、今日はあまり暑くないです。
いえ、ジャンマ(梅雨)の最中で蒸し暑いんですが、
太陽ギラギラの真夏の暑さ!という感じではないですね。


実は私、3日前の先週土曜日にすでに食べました!
参鶏湯(サムゲタン)ならぬ、タッカンマリ(鶏丸ごと1匹を煮たもの)を。

これです!!


P7110007.JPG


タッ(鶏)ハンマリ(1羽)ではなく、トゥマリ(2羽)を大鍋で煮た(ニンニクや竹と一緒に)もので、鶏の形はくずれてますがコラーゲンたっぷり。
しかも、さっきまで元気に山を駆け回ってた(?)地鶏ということでした。
主人の幼馴染の方が作ってくださったんですが、本当においしかったです。

彼のお家(奥さんは日本人で、もちろん私の友達)に仁君の家族とお邪魔して、一緒にいただきました。
そこは同じ韓国金海市でも、我が家からは遠い山の方で自然の真っ只中!!
天気がいいと蛍の群れが見えるんですって。羨ましい!

P7110001.JPG

2年前の夏に我が家で20日間一緒に過ごした仁君。(右から二人目)

(その時の仁君の記事、きゃわゆい!!)

もう2歳と8ヶ月になった彼も、大自然の中で嬉しくておおはしゃぎでした。私ももうこれ以上入らないくらい食べて、たくさんおしゃべりして、とっても楽しく過ごしました。


あれだけ食べて、もう鶏はケッコウ〜〜!となるかと思いきや、
今日も日本人婦人会の皆さんの集まりがあって、参鶏湯(サムゲタン)をいただくことになっております。

少し前には気持ち痩せたような感じで、よくそう言われた私ですが...
真夏を迎えて又お肉がついてきたような・・・。

まぁ、夏バテよりはましでしょーー!
食べて食べて乗り越えましょう・・・ね、皆さんも。

以前の参鶏湯(サムゲタン)の記事(「暑いよ〜〜〜!」)
タグ:サムゲタン
posted by cyongmi at 06:59| ソウル ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | おいしいもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月10日

ビビンミョンとメミルソバ

アンニョンハセヨ?

今日は、韓国の 故 盧武鉉(ノ・ムヒョン)前大統領の埋葬式が正午から私が住む金海(キムヘ=キメ)の烽下(ポンハ)村でしめやかに執り行われました。

午前9時に盧前大統領の遺骨が安置されている烽火山浄土院で家族行事として四十九日法要が行われた後、遺骨が私邸から200メートル離れた埋葬地に到着して埋葬式が始まりました。

埋葬式に先立ち午前10時からは文化芸術関係者による追慕詩の朗読、音楽演奏など追慕行事が行われて、一般市民の献花・焼香が埋葬式で行われた後、盧前大統領が逝去した5月23日から運営されてきた烽下村焼香所は10日の盧武鉉政権関係者と秘書陣らの焼香を最後に撤去されます。

・・・昨日までの雨が今日はすっかりあがって、眩しい夏空となり、蒸し暑い中での埋葬式でした。

我が家から車で3~40分のところにあるポンハ村。
私も一度行って、焼香を上げさせてもらいボランティアの一環で(というには申し訳ないほどでしたが)その辺のゴミ拾いをしました。

この49日間、私もなんともいえない気持ちでした。
いろんなニュース報道や、いろんな人の意見をテレビを通して聞きましたが、ただただ残念で寂しい限りです。


★。、:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★。、:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★。、:*:。.:*:・'゜★。、:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★。、:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★。、:*:。.:*:・'゜


そんな中でも人はお腹が減るし、暑い夏食欲が落ちても(私は全然落ちません)何か食べなきゃ!!です。

夏はやっぱり、ネンミョン!日本語で言うと冷麺ですが・・・、
チッチッチッ、ちょっとー(^^ー) ちがーう (ー^^)ーのです。

冷麺はご存知あんな感じ(^0^)σで、ネンミョンは麺がサツマイモの粉でできていて、ちょっと噛んでもなかなか噛み切れません。

(( ̄_ ̄ )(  ̄_ ̄)) いいえ、えっと今日はネンミョンではなくって、ビビンミョンのお話。

ビビンバ(正確にはビビン=混ぜる、パp=ご飯)はよくご存知ですよね〜。だから、混ぜる麺のことです。

ビビンククスというとタレをかけて混ぜ混ぜして食べるスープのないそうめんみたいのです。

これは、ビビンミョン。インスタントです。

P6040003.JPG

麺を茹でて冷水でシャキッとさせて、上にお好みの具をのせて、タレを掛けて混ぜ混ぜしていただきます。

私はこんな感じで・・・

P6040001.JPG

茹でたお鍋にそのまま戻して、野菜(キュウリとトマト)・炒り玉子とすりゴマをぶっかけて

P6040002.JPG

上品ではないですが、どうせ混ぜ混ぜするんだし、ということで・・・・いただきます!

包装袋の説明書きに、“メッコムセッコムな味”とあるのですが、
その通り“辛くて酸っぱくて”ほんのり甘〜い味です。
おいしいですよ。

あと、暑い夏にはザルそばですよね〜〜。

なんと!!ありがたいことに、これもインスタントであるんです。

チヲク セ<img src=ス.bmp" onclick="location.href = 'http://saranheyokamsaheyo.seesaa.net/upload/detail/image/8EC18EA68EB81A208EBE8FFCC28EBD-thumbnail2.bmp.html'; return false;" style="cursor:pointer;" />

その名も「メミルソバ」。
メミル(モミル)はそのまま蕎麦のことです。(蕎麦蕎麦ってか?!)

このインスタント麺も茹でて、冷水で洗ってザルにあげます。濃縮スープがついていて、それを氷水で薄めて・・・、なんと心にくいことにムウ(大根)キューブなるものがあって、それを入れます。
そう、大根おろしとわさびがキューブになってるんですが、これがあるのとないのと大違い!!おいしいです。なかなかやるな〜。

両方とも私のお気に入りです。お昼にはもってこいです。
二ついっぺんにいけるかも・・・。
(^〜^;)ゞ イヤァ〜お昼だからいいでしょ?!〜




posted by cyongmi at 16:38| ソウル ☀| Comment(10) | TrackBack(0) | おいしいもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月18日

麗水(ヨス)の“カッキムチ”

キムチといえば、だいたいは白菜キムチのことを思い浮かべることが多いと思います。

こちら韓国でも、特別指定がなければ白菜キムチのことを指しますが、ご存知のようにキムチには実にたくさんの種類があります。

そのうちのひとつがこれ、

PA160040.JPG
 

カッキムチでーす。

“カッ”とは、芥子菜(からしな、辛子菜とも書く)のことです。

私は初めて食べたときから高菜のことだと思ってましたが、今回“カッ”という韓国語を調べて知りました。

「葉は、漬け物として利用される。種子は、からし(和からし)の原料となる。オリエンタルマスタードとも呼ばれる。」そうで、

なんだ高菜じゃなかったんだと思ったら、

「タカナ(高菜)やザーサイ(搾菜)は、カラシナの変種である(ただし、カラシナとタカナを区別しない場合もある)。」
(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 より)

ということで、とにかく野菜自体のピリッとした辛さと、ヤンニョム(キムチを漬けるときの、合わせ調味料)が相まって、おいしいんですー。

カッキムチの中でも、特に有名でおいしいのが全羅南道(韓国南西部)の麗水(ヨス)市産のもの。

麗水市突山(トルサン=町の名)カッキムチといえば、ブランド品です。

我が家でいただいてるのも、おいしい麗水産のものです。
今まで、ウチのダンナさんはあまりカッキムチを好まなかったのですが、今回買ったのはおいしいおいしいと良く食べてくれます。

私が住んでる慶尚南道は韓国南東部で、他の地方に比べて料理の味が濃く、キムチのヤンニョムもたっぷりしっかりなんですが、このカッキムチは本当においしいヤンニョムがたっぷりなので、ダンナの嗜好に合ったようです。

全羅道地方は食事がおいしくて、一回の食卓に出されるおかずの量(種類=皿数)が半端でなく多いことでも有名です。

多いところでは、おかずが30種類以上並べられるとか。
もうテーブルの上いっぱいで、とてもじゃないですが全部食べきれない程だそうです。

そしてそして、なんといっても麗水市といえば、2012年に開催される事が決まった

「2012 ヨス世界博覧会 (EXPO2012 YEOSU KOREA)」

(韓国語サイト → http://www.expo2012.or.kr/kor/

海洋都市ヨスの名にかけて、素晴らしい世界博覧会にすべく着々と準備が進んでいるようです。
(開催期間は 2012年5月12日(土) 〜8月12日(日) です)

麗水(ヨス)市は海が綺麗な、それこそ麗しい水の町です。

韓国にお越しの際は、プサン、金海、そして麗水というコースはどうでしょう?ちょっと欲張りかな?

私も、世界博覧会には是非行きたいですexclamation×2
posted by cyongmi at 16:12| ソウル 🌁| Comment(11) | TrackBack(0) | おいしいもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月02日

けーらんフライとおいなりさん

けーらん(鶏卵)フライというと、どんなものを想像しますか?

これも立派な(?)韓国料理のひとつとして覚えていただきましょうexclamation


これなんですが・・・


サ鄰081002_2.jpg

ちょっと、あまりキレイでない写真で失礼しましたあせあせ(飛び散る汗)

「けーらんフライ」とは、その名の通りタマゴをフライ・・・、いいえ焼いたものです。

そう、日本でいう「目玉焼き」みたいのものなんですが、目玉にしない(黄身をそのままにしない)のです。

フライパンにタマゴを落としてしばらく焼いた後、ひっくり返して又焼きます。その時、たいがいフライ返しでギューとおさえます。

だから目玉にはならないんですねー。

私が思うに、たぶんせっかちな韓国人のこと、黄身がそのままの状態だとなかなか焼けないから、待ってられないんでしょう・・・。

それにしても、今日のお昼のけーらんフライは、夕べさばを焼いた後のフライパンそのまま使ったので、キレイになりませんでしたふらふら

そうそう私の主人、英語は全然できないんですが、けーらんフライを言うときの「フラ〜イ」の発音がとてもいいんです。
あと、スチームアイロンのスチームと言うときの「スティーム」の発音が・・・。
何の自慢にもならないんですが・・・ハハハ。


もうひとつ!今日作ったメニューが「おいなりさん(いなり寿司)」。

なんだか急に食べたくなって、なんと私としては珍しくインスタントに頼らずに(あるんですよー、できあいのいなり寿司用のうすあげが)うすあげの含め煮から作りました。

この、 “ウメさんの「おいなりさん」” (ウメさんとは、9月に終了したNHK朝ドラ「瞳」に出てらっしゃったおばあちゃんです)のページを参考にしました。

実は、韓国では少し前まで、豆腐で作った うすあげ・厚揚げ ってなかったようです。市場で豆腐屋さんに聞いてもないと言うし・・・。
ところが、練り物屋さん(さつま揚げみたいなのを直接揚げて売ってる)に尋ねると、店の奥の冷凍庫から出してくれました。

最近は大きなスーパーに行くと、やはり冷凍ケースの中においてあります。

日本式のうどん
(注意!韓国の中国料理屋さんにもメニューで“うどん”とありますが、全く違うシロモノ=中華メンのなんというか・・・です)が広く食べられるようになって、

うどんの具
(注意!決してきつねうどんではありません。そのまま細かく切ってのせてあるだけです)として使ったりし始めていますから、ようやく大手の食品メーカーが手がけるようになったようです。

いなり寿司は、家庭でもかなり作られようになったようです。
うすあげの含め煮と調味酢、ふりかけみたいな具がセットになった手軽なものもありますし。

ただ・・・

SV300051.JPG


こんな風に盛り付けてみたり、中のご飯が酢飯ではなく焼き飯だったり・・・と韓国風にアレンジしてあります。

私は、ウメさんのおいなりさんを目指して作りましたよー!!

サ鄰080930_1.jpg

サ鄰080930_3.jpg

よくばって、ご飯をたくさん詰め込んだものだからまん丸に太って、あげさんも少し破けちゃったりしましたが、ご愛嬌ということで。

酢飯はどうしたかというと・・・、タマノイの“スシノコ”(インスタントのー)を使いましたあせあせ(飛び散る汗)

これも、最近大きいスーパーに行くと売ってるんです。
f(^^;) ポリポリ (f^^) ボリボリ


タグ:いなり寿司
posted by cyongmi at 14:54| ソウル | Comment(11) | TrackBack(0) | おいしいもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月07日

とんかつそば

アンニョンハセヨ?

人生最重の秋・・・(;´д` ) トホホ(゜_、゜;)どよどよどよ〜ん

といいながら、この食欲をどうしましょーね。

・・・なんていってるうちは、まだ全然深刻ではないのかな?

こんな、手作り家庭料理のおいしいお料理たちのオンパレードなんかを見た日にゃあーた、今晩さっそく作りましょう!!と張り切るか、所詮同じ味はムリとあきらめるかどっちかなのですが・・・。

私には「目の毒、気の毒」なマリリンさんのブログ(クッリックしてみて見て、おいしそうですぅ)を見つつ、画面から出てこえへんかな(泉州弁)とため息ヽ(´ー`)ノ ふぅ〜

ダンナさんには、この“幸せ太り”(実際にあるそうですよ、NHKの「解体新ショー」で言ってました。)は、あなたのせいだよと言って(スイマセン、勝手に言わしておいてください)ますが、自分の管理の問題ですよね・・・。

実際、外見にシビアな韓国では整形にたよってまでも顔や体を直すし、公園や道をジョギング&ウォーキングしてる人を多く見ますし、ジムやフィットネスクラブに通う人も多いです。

体重管理ができない人間は、自己管理ができない人間とみなされ、まるで人生の落伍者扱い・・・。

平気で「太ってるね」「痩せないと」なんて他人に言いますし。

有難いその言葉も、時に“拒食症&過食症”を引き起こしてしまってるアガシ(未婚の女性)を生み出す原因になっています。

・・・・って、あんたもそれくらいシビアになれよ!、と言う声が聞こえてきそうですが・・・。

と言いつつ、2ヶ月くらい前に近所の「はるや」(クリックして見てね。一応、韓国にしてはマシな方のとんかつです)という名前の、日本式とんかつ店で食べた、“とんかつそば”のご紹介です。


サ鄰080716_1.jpg


サ鄰080716_2.jpg







こちらのそば(モミルククスといいます)は日本のよりもう少し色が黒いです。そば粉はあまり入ってないかも。

そしてとんかつのことは、「とんかす」というんです。

ある意味合ってます。
なぜかというと、お肉をうすーくたたき伸ばして衣を付けてるので、ホントに「カス」みたいと思ったのが、第一印象だったから。

ちなみに「歌手」のことは「かす」といいます・・・・。

それでも、日本式とわざわざ書いてる店のは、それでもまだお肉が他より少し分厚いのが救いです。

「はるや」ではまあまあかなと思いつつ食べてますが、この「とんかつそば」は日本風のお蕎麦の上にとんかつがのっていて、氷も入ってる冷たいメニューです。こってりサッパリでおいしかったですよ。

とんかつといえば、こってりのとんかつソースをかけるのをやめて、たっぷりの大根おろしとポン酢をかけていただくと、ダイエットの助けになるそうですよー。味もいけます。(さっそく、今日試してみましたが、手を抜いて冷凍とんかつにしたので・・・、イマイチだったかな?

posted by cyongmi at 00:09| ソウル ☀| Comment(10) | TrackBack(0) | おいしいもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月15日

超高速餅つき

さっきテレビを見ていたら、バラエティ番組に日本人らしき人が・・・。

その番組とは、

「スタキン(Ster King)」

韓国語でいうストッキングと発音も字も同じだけど違う。

カン・ホドンという元韓国相撲(シルム)選手が司会進行を務め、素人さん(一般人)がなかなか普通できない特技などを披露するバラエティ。

私は放送時間も知らなくて、全部通して見たことはないのですが、時々見ると結構スゴイ特技の持ち主さんが出てきて、びっくりします。

今日も再放送のようで、本放送がいつのものか分らないのですが、
確かに日本人でした。

中谷屋の文字が入った作業着(ハッピ)を着て、ヨモギ餅を実に見事なチームワークでつくのです。


img218.jpg

もうその速さといったら、文字通り“超高速”!!!
目にも留まらぬその速さ!!!

杵がつくその間に、水をつけた手で餅を返すのですが、よく手をつかないものだなと感心することしきり。

ホドンさんもゲストのタレントさんも客席も感嘆の声をあげていました。





日本では既に、かなり前かららテレビ出演されている方々なのですね。

調べたら、JR・近鉄奈良駅近く、三条通り商店街の中にある中谷堂さんの方々で、中谷堂はよもぎ餅で有名な店だそうです。
 

「TVチャンピオン・餅つき王」で、2回連続チャンピオンになったというので、日本の皆さんはご存知かも。

私はひとりテレビの前で、「きゃあ〜!!速すぎっ!!」と声をあげつつ、日本のお兄さん三人がなんだか誇らしかったです。

そして、出来上がったヨモギ餅・・・と〜ってもおいしそう。


310334842_b71872eb58.jpg

20070120111307s.jpg


食べたい・・・・。




(あんこの見える写真は、「ゆりりんこ。の徒然日記」さんから、
半紙に挟まれたお餅写真は、「ayanolog」さんから
餅つき写真は「御影部屋」さんから(共にブログ)
お借りしました。ありがとうございます。)

posted by cyongmi at 00:00| Comment(5) | TrackBack(1) | おいしいもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月26日

暑いよお〜〜〜!

unagi-yuge-hasi.jpgえ〜、長らくご無沙汰いたしておりましたぁ。

梅雨も明け、本格的な夏ですね。
体調管理はしっかりと、よろしくお願いします。

日本では夏の土用の丑の日は、暑い時期を乗り切る栄養をつける
為に、鰻を食べる習慣がありますよね。
今年は、7月30日だそうです。

韓国では、昨日7月25日が中伏の日でした。


続きを読む
posted by cyongmi at 16:22| Comment(0) | TrackBack(1) | おいしいもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月23日

キムチじゃなくてキンチ

我が家の食卓に欠かせないものと言えば、そう「KIMCHI」です。ん?なぜにローマ字なのか、と言いますと....。正確には、「キムチ」ではないからです。「キ・小さなム・チ」と書きたいのですがままならず。う~ん、「キンチ」といえばいいかなあ。この時の「ン」は唇をつけたまま、そうそう、そうすると正しい発音になります。

なんか、ややこしいですが、なんせハングルには日本語にはない発音が多いですからね。このキンチ一言でも言えるとステキかも。

白菜キムチ(解りやすく)はもう一般的ですが、下記に紹介するチョンガキムチもおいしいですよ。これもついでに言うと、チョンガの次に小さなクがつくんですけど。いわゆる、チョンガー、独身男性のことです。是非、食べてみてください。....って、文章の流れで何かヘンになちゃった?!「キムチ」を!!食べてみてね。
韓国伝統 チョンガキムチ1kg韓国伝統 チョンガキムチ1kg
販売元 : 韓流厳選グルメ キムチランド
価格 :
韓国では常時ベスト3の人気者、それがチョンガキムチです。

韓国固有のチョンガ大根のコリッとした歯ごたえと辛味をお楽しみく..
>>Seesaa ショッピングで買う
posted by cyongmi at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | おいしいもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。